動作というクスリを処方する専門店です。
by くぼけん

検索
お知らせ
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
ブログジャンル
画像一覧
# by k-kubomoto | 2018-01-08 01:33 | 呼吸法中心塾:センタリング・タッチ研究会

丁寧に仙腸関節の動きで重心移動

2018/1/6

◎合気観照塾(稽古メンバー:F本さん、K元、少しSRさん)

・内縛を腹部から胸に当てて呼吸が楽な所や肩の力の抜ける所を探して、肘を少し前に出す事で立て替えの時に仙腸関節の動きを感じやすい。

・外縛にすると繋がりが変わる

・仙腸関節の動きを丁寧に感じた後に片足立ちで股関節を開放すると方向転換が起きる

・足を着き丁寧に重心移動を行う事で股関節のキャッチボールを丁寧に味わえる

・股関節の解放で脚は開くし、足が寄る

・丁寧に観察する事で蹴ってしまう瞬間や開放する前に身体を捻じっている事に気付く

・地面を蹴る事と身体を捻じる事は連動して癖になっている

・木刀の刃を胸に当たる様にして逆手で木刀の重さで手首を決め、刃の向きを微調整して頸へ付ける事で楽に横隔膜が浮き、立て替えが丁寧に行える

・嶺を胸に当てると繋がりが変わる

・相対稽古で朝顔の手を意識して自分の芯が残る様に力が抜くと木刀や相手に馴染む事が出来て、相手の邪魔をせずに力が抜けていき、股関節に沿うように力が流れて底に着くと立て替えと共に息を吸い始めて逆流して張りが生まれ、50対50で吊り合いが取れ、弛めた瞬間に行き先が出てくる事を改めて感じた。

・もう一度、木刀を胸に当てて観察すると頸や横隔膜の位置がぶれずに、立て替えが楽に起こる事で更に繊細に観察する事が出来た。

#くぼけんです。
 今年初めての稽古でした。
 SRさんがスキーで工夫された話を聴かれた師匠はプログラムの照準を急遽変更して稽古を付けて下さいました。
 合気観照塾の真骨頂の『機・度・間』です。
 年末年始で凝り固まった頭や身体が解きほぐされていき、身体が記憶喪失?していた感じで相対稽古中に記憶(感覚)が全身に染み渡る様に戻って来きました。
 今年もゆっくり丁寧に現状認識を行い歩んで行きます。
c0207558_10503193.jpg
水を運ぶ時も同じですね。
クスリの代わりに動作を処方する
吹田市千里山の動作処方専門店

 


[PR]
# by k-kubomoto | 2018-01-07 10:52 | 合気観照塾

良いポジショニングで動き出す

今年初めてのレッスンです。

生徒さんの歩きながら観察をしている内容を一通りお聞きして・・・

くぼけん:動きながら良く観察されていますね。
     止まった状態で観察はされていますか??

生徒さん:いえ。ん?

くぼけん:動きながらの観察は高度なんです笑。
     止まった状態で観察する方が感じやすいんですよ笑。

生徒さん:は!そうでしたね!
     だから、(椅子に)座った時も足の位置が重要なんでしたね!

くぼけん:はい笑。
     それでは、
     足の位置のセンタリングして呼吸で確かめてみましょう。

生徒さん:(足の位置と呼吸の観察)
     あ~。やっぱり違いますね~。

くぼけん:そうですね。
     頸の位置まで変わりましたね。

生徒さん:そうですか??
     (確認してみて)
     本当ですね!!

くぼけん:立ち座りで動作確認してみて下さい。

生徒さん:(動作確認)
     楽ですね!

くぼけん:足の位置を前に出して立ち上がって下さい。

生徒さん:立てませんね!?
     立てるけど足がカチカチになりますね。

くぼけん:そうなんです。
     足を戻すと楽に立てますね。

生徒さん:(動作確認)
     はい。

くぼけん:ポジショニングを整えて動き出す事が大事なんです。

生徒さん:お~。そうですね~。

くぼけん:座る時に椅子に手を当てなくなりましたね笑。
     その方が楽と解れば恐怖心が無くなるんです笑。

生徒さん:そうですね~。

くぼけん:では、ベッドに座って横に良い位置から移動してみて下さい。

生徒さん:あ!楽ですね!!

くぼけん:足を前に出して移動すると、足を良い位置にするか、
     腰を入れ直すか、手を膝に付かないと横に動けませんね。
     電車で横にずれる時に良く観る光景です。

生徒さん:私は手を着いていますね。

くぼけん:股関節を使う方は、足や腰を使います。
     股関節を使わない方は膝に手を着いて移動します。
     これは立つ時も同じです。

生徒さん:(思い返して)
     あ~。私は普段から股関節を使ってませんね~。

くぼけん:そういう事になりますね笑。
     トイレでも同じです。

生徒さん:トイレ?

くぼけん:洋式トイレは穴が空いているので、
     お尻が落ちた状態で座っている方が多いと思います。
     良い位置で座った状態では、縁に座って穴には落ちません。
     この方が、便も出やすいんです。
     もちろん立ち座りも楽になりますよ。
     実際にトイレで立ち座りしてみましょうか。

生徒さん:はい。

         (トイレに移動)

生徒さん:よ!あっ!あかんあかん!

くぼけん:ね!普段は股関節を使っていない事が良く分かるでしょ笑。
     でも、良く気付かれましたね笑。

生徒さん:今、自分で気付きました。
     へ~。えらいもんですね~。

生徒さん:(座って確認)
     あっ!落ちますね!
     ちゃんと座ると落ちませんね!!
     (立ち座りを確認)
     あ~。楽ですね~。

くぼけん:動きが凄く変わりますね笑。

        (部屋に戻って)

くぼけん:痛くなる原因が日常に潜んでる事が良く分かったでしょう笑。

生徒さん:本当ですね~。
     普段、あかん事ばっかりしてますね~。
     こんな事教えて貰えて嬉しいです。

#くぼけんです。
 明けましておめでとうございます。
 今年も宜しくお願い致します。
 年明けから有難いお言葉を頂きました笑。
 痛みの原因は姿勢や使い方からくると言うのは、説明しても調整しても中々伝わるものではありません。
 日常の中に潜んでいますので、良い事も悪い事も自分の中で普通の事は気付かないので変えようがないのかもしれません。
 動作処方専門店でのレッスンは日常に活かせないと意味が無いという思いで行っています。
 今年も気付きのレッスンになるよう工夫していく所存でございます。
 
c0207558_16551928.jpg
さぁ!狩りするぞ~!
動き出す前が大事ですね!!

クスリの代わりに動作を処方する
吹田市千里山の動作処方専門店
    

[PR]
# by k-kubomoto | 2018-01-06 16:59 | 個人レッスンの紹介

杖を用いた呼吸動作の観察

2017/12/24
◎第十二回呼吸動作研究会
☆テーマ 『腰の動きって?』
 担当 OAさん

○現状認識
・立位の前屈後屈、左右側屈、左右捻転
・杖や警杖を後頭骨と仙骨に当てて手で押さえて前屈などを行い当たり方や離れ方の観察
・途中退出
○杖を用いた呼吸動作の観察
・仰臥位で杖や警杖を腰の下に入れて呼吸をする事で吸った時、吐いた時で杖が転がる
・皮膚感覚や杖の芯を感じて馴染んでいくと力が抜けていく
・杖を脊柱に沿わして馴染む事で要らない力が抜けていき呼吸が楽に入っていく
・上の芯を叩くと杖と馴染んでいき、どんどん力が抜けていく
・正座から身体を丸めた状態で腹部、腰部と呼吸の入り方を観察する
・背中に杖を入れて四つん這いになり呼吸の入り方を観察する
・足の指を立てるか立てないか、膝の幅、手の位置や肘の位置を変えて呼吸の入り方を観察
・正座で相手に手首を持ってもらい、腰を反った時、丸めた時、真ん中の時と呼吸と同時に手を開いて呼吸の伝わり方の違いを観察
・意識の広がりや視線の決まり方も変わる
・全員で方向を決めて手首を持ち円になり、対面の人まで繋がる様に息を吸う
・手首を持たれた方向と持った方向

☆ペアで相対練習
・最近、行っている手技の現状認識
・杖を背中に入れて、変化を観察
・杖が無くてもある様に手技を行う
・姿勢が整う事で張りが生まれ、揺れの伝わり方が変わる
・杖を鍼の様に細くイメージすると動きが減り芯の振動が同調して弛んでいく
・タッチが変わる
・背中の張りが骨盤の深みを出す事で取れた

#くぼけんです。
 杖を使った呼吸動作の観察に慣れていない方は困惑したり、杖の上に脊柱が乗る様にOAさんが寝ころんだ時は『えっ!』といった感じでした笑。
 それでも、とにかくやってみるといった姿勢がとても印象的で、補助で杖の芯を叩くと綺麗に力が抜けていき感覚も冴えていたのが印象的でした。
 後半には、SRさんから『面白いね!!』と今年最後に嬉しい言葉を頂きました。
 呼吸動作研究会に改名して、一年有難う御座いました。
 試行錯誤しながら進めている会に参加して下さっている会員さん感謝致します。
 来年もよろしくお願い致します。
 
クスリの代わりに動作を処方する
吹田市千里山の動作処方専門店

[PR]
# by k-kubomoto | 2017-12-27 01:08 | 呼吸動作研究会

含胸抜背が『張る』の条件

2017/12/16
◎合気観照塾(稽古メンバー:F本さん、K元)
○感じた事の纏め
◇浮かす
・浮かせていない
・浮かそうしては浮かない
・浮く条件を検証する必要がある
・お風呂で二の腕が浮いた状態で息を吸うと水位が上がり更に浮く
◇掴まれた所の弛みをとる時はどうするのか?
・掴まれた所をどうにかしようとしても固まり、相手は掴みやすくなる。
・手首を掴まれた時にバランスの中で脱力、手をゆっくり開き、手首を回しながら相手と一致する所へ、更に指一本一本までの動きで弛みが取れていく。この時に張れる条件が含胸抜背で、自分の中心で相手の中心を攻める事が出来る。
◇舌の使い方
・上に付けて呼吸と下に付けて呼吸
・上に付けて吸気、下に付けて呼気
・下に付けて吸気、上に付けて呼気
・移り変わり時、体内操作の微差が重要。
◇合気をかけられた感覚
・浮いてしまうと、ベクトルとか云々ではなくなる感じ
・大量の水が体内に流れ込んでくる感じ
・掴んだ所や触れた所の弛みを取られる時に芯はぶれずにバランスが小刻みに変わっていく、その変化にいちいち反応してしまうし処理が追い付かない
◇手から前腕前部を捻じって使っていると指摘して頂いた事
・合気金平糖や小刀を触っている時に明確に癖に気付けた
・上腕、前腕、胸のバランスを取るだけでも随分楽に浮いてくる
・お風呂の湯船でも浮き方が変わり、呼吸が変わる

#くぼけんです。
 今年最後の稽古でした。
 終盤にやっと、自分が確かめたかった事に辿りついて、いろいろと整理がつきました。
 合気は浮かせないと話にならない事も良く解りました。
 今年は何が出来ていないのか?何を飛ばしているのか?と暗中模索を繰り返して、年末になってようやくあぶり出されてきました。
 何か不思議な感覚ですが、出来ていない事に気付くと嬉しさを感じ、落ち着きすらも感じています。
 一種の開き直りですが、『まあ、やって来なかったから、出来ていなくて当たり前やな。』といった所です。
 来年はひたすら観察スピードを落とす練習になりそうです。
 師匠や先輩方にはもどかしい思いをさせてしまいますが、どうかお付き合いお願い致します。
 今年も、師匠をはじめ、先輩や同輩、そして女子部の皆様にお世話になりました。
 本当に有難う御座いました。
 

クスリの代わりに動作を処方する
吹田市千里山の動作処方専門店


[PR]
# by k-kubomoto | 2017-12-19 01:56 | 合気観照塾

『足がすっかり楽になったの!!』

 『この間、教えて貰ったので、すっかり足が楽になったの!!』
 が、鏡の前での第一声でした。

 意気揚々して部屋に入ってこられて、顔色や目力、足回りの雰囲気が良かったのでお伝えしました。
 腹部に触れると、とても心地よかったので訪ねると、

生徒さん:血流改善の為に、食事に気を付けてるの。
くぼけん:そうなんですね。
     なかなかこんなに心地よい感じは出ませんよ。

生徒さん:そうなの?
くぼけん:はい。食事だけの効果ではないと思いますよ。
     肉体的バランスと気持ちのバランス、
     内臓の負担軽減の相乗効果ですね。

生徒さん:そうやね。
     お肉が食べれないから寂しいけどね。
くぼけん:あ~。それは寂しいですね。
     それでも、これだけ結果がついてきたら価値ありますね笑。

生徒さん:そうやね。魚も美味しいからね笑。
くぼけん:そうですね。
     それと、ここまで良くなれるという事が
     解ったのが大収穫です。

生徒さん:そうやね~!
くぼけん:はい。それが一番大事です!!

            ~~中略~~

生徒さん:目の血管も細くなってるって言われてるからね~。
     それで目の調子も良くないのかな~と思って。
くぼけん:それは有るかもしれませんね。
     目を動かすのも良いですよ。
     右左、上下と。

生徒さん:(目の動作)
くぼけん:そうです。
     その時に、前にした足の動きをして確認してみて下さい。

生徒さん:(目の動作確認)
     ほんまや動きやすい。
くぼけん:そうでしょ!足の指と足首で目の動きまで変わるんです。

生徒さん:そうやね~。繋がってるもんね~。
くぼけん:はい。身体は絶対に繋がっています笑。
     焦点を遠くにしたり近くにしたりするのもよいですよ。
     それはまた今度にしましょう。

 前回のレッスンの内容は『回数や時間を決めない』を確認下さい。

#くぼけんです。
 前回のレッスン後に調子が良くなって、映画鑑賞や地域のイベントに参加されて楽しく過ごせたとの事でした。
 身体や心の調子には波がありますので、良い事も悪い事も何か良い切っ掛けになればと思っています。
c0207558_11254131.gif

クスリの代わりに動作を処方する
吹田市千里山の動作処方専門店



[PR]
# by k-kubomoto | 2017-12-13 21:00 | 個人レッスンの紹介

重心のバランスをキープする

◎足が浮く前に何が起こるか?
○仰臥位で膝を浮かすイメージ
・骨盤が大腿骨を受け入れる準備をしだす
・膝の上がるイメージを修正
・反対の肩胛骨が準備を始める
・対角の繋がりをゆっくり観察

○実際に浮かしてみる
・股関節が深くなる事で膝が浮く
・浮くから落ちるの切り替わりを味わう
・落ちていく時のバランスの移り変わりを味わう

◎『弛みをとる』と『弛める』の観察
○呼吸で体内操作を観察
・骨盤底筋の前から後ろ、後ろから前
・ブランコの様に段々高さを上げていく
・息を吸う事で弛みが取られる
・弛める事で遊びが出来る
・重さで弛みが取られる
・上がったものが落ちる瞬間(いつでも落とせる状態)
・息を吐く事で更に弛みが取られる(弛めてから吸ってに続く)
・如何に骨盤時計の恥骨方向(6時とする)を丁寧にするかで臨界点で頭部方向(12時とする)への変換がスムーズに行われる
・腕が上がるタイミングを味わう
・呼吸で左右片方ずつ股関節から足まで弛みを取ると6時方向のシャープさが増す
・腕が吊るされ重みを感じる位置で12時へと変換すると腕が浮き上がってくる

◎サイクリックヨガ的に観察
○お辞儀
・一度だら~んとして現状認識
・呼吸で弛みを取ったり、弛めたりと繰り返して変化を味わうと丹田を支点に脚と上半身のバランス感覚を味わえる
・段階的に傾けて呼吸で観察すると、『まだそこまで倒れないよ』と言わんばかりに身体を起され、軸が補正されてから傾けると楽になる
・段階的に起き上がると足首の立体感が増して、お尻の高さや肋骨の締まり方、頸の位置が良くなっていた

◎重心の観察
○2本の木刀を使い観察
・重心点を中指中心で持ち呼吸で揺れる
・最初は大刀の方が反りのあるバランスの変化が味わえる
・力が抜けて、分け目と物打ちの感覚が出る
・重心点を気にしながら一握りずつ分け目へずらして揺れる
・手の内の変化に慣れてくると、剣先が下がり重心を支点に分け目が浮く事で自分が浮かされる感覚を得る
・小刀に変えて、微妙なバランスの変化を味わうと芯が細くなる
・前腕の重心や上腕の重心、太腿の重心や脹脛の重心を気にする事で手や足の感覚が変わり丹田感覚が冴える
・物でも人でも重心をずらさずにバランスの変化を確認していると自分の各重心が支点となり時間差で反応してく
・後は重さに訊き、重心のバランスをキープしながら重力加速度に合わせて重さを使い伸展の瞬間を逃さない様にする

#くぼけんです。
 この1、2か月で時間を見つけては、観察を続けていました。
 何が足りていないか?何を飛ばしているのか?に気付く為の観察です。
 分解する事に時間が掛かりましたが、要素が見つかると感覚的に纏まってきました。
 来年に向けて課題が明確になったので、ゆっくり観察を続けて行きます。

クスリの代わりに動作を処方する
吹田市千里山の動作処方専門店
 

[PR]
# by k-kubomoto | 2017-12-09 23:45 | 自分自身の動作処方

腰椎圧迫骨折『伸ばせるようになった!』


 引き続き、肋骨のセンタリングを工夫しながら行っています。

 一番良い反応が出たのが、肋骨と項(うなじ)のセンタリングでした。

 肋骨と項のセンタリングを行うと横隔膜のバランスが良くなり、
 股関節や膝の力が抜けて可動性が上がりました。

 調整後にベッドから起き上がると座高が高くなっていて驚きました。

 多少、頑張って伸ばしている様子でしたが御本人は、

『伸ばせるようになった!以前は伸ばす事も出来なかった。』

 と仰られました。

 仰向けで寝る事が大分楽になり睡眠の質も変わってきている様なので、
 焦らずゆっくりセンタリングしていきます。

 クスリの代わりに動作を処方する
 吹田市千里山の動作処方専門店

 

[PR]
# by k-kubomoto | 2017-12-08 22:22 | 個人レッスンの紹介

突発性難聴が半分聴こえる様になりました

 生徒さんの耳が1、2か月前から急に聴こえが悪くなり身体のバランスからの影響があるか確かめていました。

 耳鼻科では、環境の変化によるストレスが原因と診断され、環境が落ち着いてきたら治るよと言われたとの事です。

 定期的に来て頂いていて変化が無かったのですが、先日のレッスンで難聴が戻らないと改めて仰られました。

 普段通り足元からセンタリングしながらレッスンを行い、頭部のセンタリングをしながら、耳の聴こえ具合を確認して頂くと変化なし。

 生徒さんは、聴こえていない事に気付いたきっかけを話して下さいました。

 生徒さんが思い出しながら話している時、胃の裏が反応していたのでセンタリングすると聴こえ方が変わったとの事でした。

 最後に鏡の前で確認しながら、もう一度、胃の裏を頸へ繋がるようにすると、左右を比べて『半分ぐらい聴こえる様になったよ!』と驚きながら教えて下さいました。

 そして、調整前の捻じれ方を説明すると、『そうそう。こんな動きばっかりしてた。』とも仰いました。

 さまざまな症状の原因としてストレスは上げられますが、漠然とし過ぎてなかなか改善しにくい傾向があります。

 いつもと変わらないストレス環境が、微動作と呼吸を使い、身体の中からバランスを整える事で心と身体の環境が変わり、ストレスの感じ方が変わる事が有ります。

 私はしっかりと地に足のつく方法でストレスにも対応していかなければいけないと考えています。


クスリの代わりに動作を処方する
吹田市千里山の動作処方専門店

[PR]
# by k-kubomoto | 2017-12-07 23:12 | 個人レッスンの紹介

含胸抜背

2017/12/3

◎センタリング・タッチ研究会

○短刀の刃の向きを工夫して呼吸(調整後)
・含胸出来る刃の向き
・凸レンズか?凹レンズか?
・横隔膜や骨盤底筋の反応も味わう
・含胸が出来て抜背出来る

○後頭ふきんを装着して観察
・頸の後ろと胸骨のバランスで頸が良い位置にくる
・頸のうしろと胸骨のバランスを保ちながら肩胛骨の良い位置を探す

○椅子座位、短刀2本で観察
・柄を持ち太腿に乗せて揺れると仙腸関節の動きが剣先まで伝わるか?
・中指はしっかり巻き込み、薬指は浮かし引く(引きと攻め)
・柄が浮くか浮かないかの位置が良い位置で呼吸
・柄の擦れと剣先の揺れ
・短刀を胸の高さに上げて同じ事を行う
・揺れる事で弛む事を感じ取ると身体が伸展して楽になる
・様々な短刀で確かめる事で感覚が変わる
・短刀によって、丁度良い位置が変わる
・別種類の短刀を持つ事で、右左の弛み取りが明確になる
・くそ握りから手の内のバランスで柄を持つ
・いろんな向きや持つ場所を変えて観察し良い場所を選択
・仙腸関節を外側から動かしていると違和感が出てくる
・仙腸関節が中から動くと胸の中も動き出し動きの質が変わる
・感じた中を動かそうとした途端に中は動かなくなる

○センタリング・タッチ実践研究
・頸の位置でタッチが変わる
・身体全体で吸い込みがかかり、弛みが取られていく
・弛みが取り切れる前に動くと連動は止まり伝わらない
・踵の弛みの取り方では、指を当てる所も大事だが、それ以前に労宮で浮かせる事が大事
・指を真似た時は視線も下がり繋がらない
・OAさんに踵の弛みを取られた際に自分の踵の配置が明確に感じれた
・師匠の肋骨下部に手を当てると伸展していくだけで他には何もしていない
・KMさんが本当に繋がった瞬間、透明のベクトルが観えた感じがした
・その後、KMさんの動きから無駄が一切なくなり全てが自然に観えた
・どれだけ動いても頸の位置はぶれずに全身の動きに滞りが無い
・本人が感じている以上に、外から見ると凄い光景
・この事で、センタリングして良いポジショニングになっただけという事が良く分かる
・自分自身の『~しようとする』があぶり出された感じ
・本当に劇的瞬間が観れて良かったと思う

#くぼけんです。
 今回、気付いた癖にようやく辿り着いた気がしていて、良い感覚から悪い感覚へ移行していく感じと自分が行った事がやっとリンクしました。
 そして、KMさんの変貌には圧巻で、丁寧に剣の一人稽古を楽しみながら積み重ねた事が瞬間に統一された感じでした。
 OAさんが以前に瞬間に師匠の技を盗んだ瞬間にも出会いましたが、普段の稽古で師匠の調整後に動きが格段に変わる時とは一味違う感じで、盗むと言うより、言われた通りにやってみたら出来たと言った感じです。
 こればっかりは、こつこつと進んで行くしか有りませんね!
 私に足りない物を持っているお二人と情報交換をすると勉強になります。
 後頭ふきんと短刀のセットは埋まっていないパズルのピースに気付かせてくれた感じです。
 師匠の伝える工夫にも圧巻の研究会でした。
 本当に良い経験が出来ました。
 有難う御座いました。


クスリの代わりに動作を処方する
吹田市千里山の動作処方専門店

[PR]
# by k-kubomoto | 2017-12-06 21:59 | 呼吸法中心塾:センタリング・タッチ研究会

回数や時間を決めない

 『大事件があったんです!』
 っと生徒さんが来るなり仰いました。

 話を聴くと、ショッピングモールで買い物中に、
 動悸が激しくなりベンチで休憩。
 脈をとると凄く早く、
 その内に、自分の脈が解らなくなった。

 息が苦しくなったので店員さんに声を掛けて、
 寝て休憩が出来る様な所は無いかと尋ねても無く。
 救急車を呼ぶかと聞かれて、迷った末に呼んでもらった。

 救急車で血圧を計ると180と聴いてビックリ!
 どんどん息苦しくなり、
 病院に着くと過呼吸になっていると診断。

 腕が痙攣して、お医者さんからは、
 過呼吸から来ているから、落ち着くまで待って下さい。
 と言われる。
 ようよう落ち着いて無事に帰宅できた。

 と教えて下さいました。

 そして、ご自身の親戚が脚の血栓が心臓に詰まった事があり、
 心配なので検査を検討していて、血圧も関係していると思う。
 との事。

 その話を聴きながら、

くぼけん:足から全身を観ていく事は、とても大事ですね。
     一旦、現状認識で楽に呼吸をして下さい。

生徒さん:(呼吸の確認)

くぼけん:次は、足の指を少ーし浮くか浮かないかぐらいにして
     楽に呼吸して下さい。

生徒さん:(呼吸の確認)
     さっきより楽に吸えるね~。

くぼけん:そうですね。楽そうですね。
     次は、指に続いて足首を足の裏が少ーし浮くか浮かないか
     ぐらいに曲げて楽に呼吸して下さい。

生徒さん:(呼吸の確認)
     あ~。吸いやすいね~。

くぼけん:そうですね。
     足の指と足首だけでこれだけ変わります。

生徒さん:(両肩を後ろ廻しだす)

くぼけん:それでは、その動きで観察しましょう。

生徒さん:えっ?

くぼけん:もう一度、肩を廻して下さい。
     
生徒さん:(肩を廻して観察)

くぼけん:次は、先ほどの足の指と足首の状態で廻して下さい。

生徒さん:(肩を廻して観察)
     あっ、楽やわ!
     え?なんで??

くぼけん:足を基に戻して肩を廻して下さい。

生徒さん:(肩を廻して観察)
     重たいね~。

くぼけん:今は、肩しか動いていないんですよ。
     もう一度、少ーし(足の指と足首を)浮かした状態で
     (肩を)廻して下さい

生徒さん:(肩を廻して観察)

くぼけん:これは、全身が動くでしょう。

生徒さん:(肩を廻しながら)ほんまやね~。

くぼけん:ほんと、ちょっとした事で変わるでしょう!

生徒さん:(頸を前後左右に傾けだす。)

くぼけん:次はその動作で試しましょうか笑。
     まずは、左右から現状認識しましょう。

生徒さん:(頸を左右に傾けて観察)

くぼけん:はい。
     次は、足の指を浮かすか浮かさないか。
     足首も~そうですね。

生徒さん:(頸を左右に傾けて観察)
     あっ!これも楽やね!!

くぼけん:そうなんです。
     次は前後で観察しましょう。
     足を基に戻して~

生徒さん:(頸を前後に傾けて観察)
      うん。
     (足も自分で微動作を行い動きを観察)
      楽やね~!!

くぼけん:笑。
     楽そうですね笑。
     足が少し変わるだけでえらいもんでしょう笑。

生徒さん:そうやね!
     これやったら家でも出来るわ!

くぼけん:そうですね。
     そうそう。足をまた良い状態にしてもらってよいですか。
     それで呼吸すると楽ですね。

生徒さん:(呼吸をして)楽やねぇ。

くぼけん:その状態で軽く足踏みをして下さい。

生徒さん:(軽く足踏み)

くぼけん:はい。
     足踏みをやめて、呼吸をしてみて下さい。

生徒さん:楽やね~。
     (足を浮かしてないのに?と言う表情)

くぼけん:足がそのままでも楽でしょう。
     浮くか浮かないかの位置が良い位置なので、
     軽く足踏みをして、身体に馴染ませたんです。
     すると自然にその状態なるんですよ。

生徒さん:へ~。

くぼけん:それと、身体は小さい動きの方が反応が良く出ます。
     試しに、足首をグイッと曲げて指を立ててみて下さい。
     そのままで息を吸うとどうですか?

生徒さん:吸われへんね~。
     (自分で足を良い位置に戻して)
     あ~。楽やね~。へ~。

くぼけん:はい。この変化を味わう事が面白いんですよ。
     なので、ご自宅でするときは、
     ゆっくり丁寧に回数や時間を決めずにして下さいね。

生徒さん:え?

くぼけん:回数や時間を決めてしまうと意識が身体に向きませんので。

生徒さん:そうやね。
     前にも言うてはったね!

くぼけん:はい笑。
     何度でも言いますよ笑。

#くぼけんです。
 この後、仰向けでレッスンを終えて起き上がる際に、『あっ!この時も!』とご自身で足の微動作を行ってから、
 『あっ!楽々!』と言っておられました。
 早速、応用実践しておられたので、嬉しかったです。
 改めて、気付きの大切さを感じました。

 動作を処方するにしても、『微動作』を処方することで、受ける方の感度が増す事を感じています。これは、『心をひらく体のレッスン』を読んで、再度、自分自身の動作を観察して生まれました。
 センタリング・タッチが身体を整えていくきっかけになっているとも感じています。
 先人達の『気付き』をきっかけに私自身に『気付き』が生まれ、生徒さんの『気付き』へと繋がっていく。この様に、『気付き』の連鎖が起こるような、体のレッスンが心を開いていくと感じています。
 これからも、生徒さんと共により良い動作処方を編み出せる様に日々工夫します。

c0207558_23533462.png
これだけ連鎖が続けば気持ち良いですね~。

クスリの代わりに動作を処方する
吹田市千里山の動作処方専門店

[PR]
# by k-kubomoto | 2017-12-01 23:55 | 個人レッスンの紹介

『身体を観て、触って、感じる』(実践編)

2017/11/26

◎第十一回呼吸動作研究会

☆テーマ 『身体を観て、触って、感じる』

 担当 K元

○自分で触って呼吸の観察
・胸に息を入れる
・肋骨下部に息を入れる
・鳩尾から下に息を入れる
・お臍の高さに息を入れる
・下腹部に息を入れる
※左右の違いや入りやすい所、入りにくい所を観察
※呼吸の基本は吸って、弛めて、吐いて
・肩胛骨の高さに息を入れる
・肩胛骨の下に息を入れる
・鳩尾の裏側に息を入れる
・お臍の裏側に息を入れる
・下腹部の息の入り方を観察
※背部に息を入れた後に腹部や胸部の息の入り方の変化を味わう
・骨盤底筋の恥骨側から尾骨側へ息を入れる
・尾骨側から恥骨側へ息を入れる
・下腹部の息の入り方を観察
※骨盤底筋の意識がある時とない時の違いを味わう

○ペアで呼吸の観察
・上記の内容をお互いに観察
・前面の呼吸を観察する時に背面を気にする
・前から背面の呼吸を観察する
・再度、前面の呼吸を観察した時の背面の感覚は?
・息の入り方出て生き方の観察
・実際に意識の有る所や薄い所に手を当てて観察
・意識の薄い所に変化は有るか??

○下半身のバランスが気になると声が聞こえたので
・青竹踏みに足趾を乗せて呼吸
・乗せない場合の呼吸も観察
・鏡を横に置いて、ある時ない時の観察
・恥骨が出た時の呼吸と引いた時の呼吸

○バンドを骨盤や肋骨に巻いて観察
・ある時ない時の身体のバランスを観察
・呼吸の入り方を観察
・細かく身体をゆすった時の動きの違いを観察
・ずっと付けるのでは無く、ある時ない時の観察
・ない時でもある時に近づくにはどうするか検証する必要がある

    ~~休憩~~

○質問&テーマ決め
Q.前を観察する時に後ろを気にする事は普通なのか??
A.師匠から教わり、普段から練習している内に普通になりました。

Q.足の趾を青竹踏みに乗せただけで、凄く変わりましたが、
  足の指はそんなに大事ですか?
A.はい。経絡では手足の指先に始まりや終わりがあります。
  五行穴と言って、肘から先や膝から先で全身のバランスを整う事も有ります。

・来月のテーマ
 『腰椎を丸める必要性(仮)』

○ペアで手技や鍼の相対練習
・辞め時の観察
・自分の中心感覚
・鍼や手で付けて、自分の中心で付けて待つ
・弛みが取れたら、吸って弛めて吐いて
・螺旋の有る無しで互いの負担が変わる
・合気の原理に多様性を改めて感じた

#くぼけんです。
 慣れない背面に呼吸をして頂いた時に全員違う動きになっていた事が凄く印象的でした笑。
 自分の観察や相手を観察する中で感覚に変化が出た瞬間を沢山拝見出来たので喜んでいます。
 良い方法を伝える事を止めて、観察を続けて頂けたお蔭で、改めて『良い結果を求めない』必要性を感じる事が出来ました。
 そうする事で、次は何をすれば良いかと浮かび上がって来たからです。
 吸う事に必死になり過ぎて意識が上がってしまった時にと思って用意していた青竹踏みも丁度良かったです。
 お付き合い頂いた皆様に感謝致します。
c0207558_00244048.jpg
全部ちゃう!!

クスリの代わりに動作を処方する
吹田市千里山の動作処方専門店

[PR]
# by k-kubomoto | 2017-11-29 00:33 | 呼吸動作研究会

腰椎圧迫骨折に肋骨のセンタリング

 腰椎圧迫骨折をされた90歳男性への対応を記録しておきます。

 立ち座り、歩行共に支障が出ていますが、
 仰向けに寝ると腰に痛みが出て、横向きに寝て時間が経ってから、
 仰向けに寝て時間が経つと腰の痛みが取れるとの事でした。

 生徒さんにも、しつこくお付き合い頂き変化が見えてきました。

 圧迫骨折周辺には圧痛があり、
 股関節の回旋などでも痛みが出ていました。

 ここ最近で力が抜けて反応が良かったのが、

 サイドポジション(横臥位)で肋骨からセンタリングでした。

 ベッドと肋骨の間に手を入れて、
 細かく転がすような感じでセンタリングです。

 両肋骨を把持しても良し、
 対側の骨盤とのバランスを観ても良し、
 腰椎に負担が少なく伸展されていきます。

 生徒さんも弛んでいく感覚を感じられる様で、
 寝返り動作もスムーズになり、
 仰向けに寝た時にスーッと身体が伸びて楽にされていました。

 退院時に落ちていた体重も少し戻ってきて、
 体力も少し戻ったとも仰られました。

 ベッドからの立ち上がりも、段々スムーズになってきたので、
 徐々に恐怖心の対応もしながら、動作処方をしていきます。


クスリの代わりに動作を処方する
吹田市千里山の動作処方専門店

 

[PR]
# by k-kubomoto | 2017-11-23 00:35 | 個人レッスンの紹介

四段階呼吸法の見直し

2017/11/18

◎合気観照塾(稽古メンバー:I川さん、IYさん、F本さん、K元)

○呼吸の見直し
・鳩尾に中指を当てて、他の指、手の平も沿わして当てる
・お腹に吸って、弛めて、吐いて
・腰に吸って、弛めて、吐いて
・背中に吸って、弛めて、吐いて
・胸に吸って、弛めて、吐いて
・左右別々に吸って、弛めて、吐いて
・両方や全体に吸って、弛めて、吐いて

・お腹を膨らまして、凹まして、頸まで呼吸が通るか?
・頸まで呼吸が通ると肋骨が締まる
・お腹を凹まして、肋骨を締めると呼吸が頸まで通る
・骨盤底筋と横隔膜と頸の位置の関係性を観察

○頭を指一本で押さえられて繋がるか?
・同じ事で繋がるか?
・骨盤底筋の張りと呼吸に伴って、横隔膜は下がるが、中は伸びる
・腰を入れ過ぎて固めていると、重さが腰で止まる
・猪っぽく四つん這いになると腰の緊張は解けアースされた(I川さんのアドバイス)
・相手の重みを下から順番に返して行けるか?
・肩胛骨が寄って下がると背中が抜けて肋骨は締まる
・無理に寄せると肋骨に開く力が加わり、思いと動作が拮抗して固まる
・肩胛骨が綺麗に落ちていくと肩胛骨のすぐ内側に上がる力が働き胸が突き上げられる
・上がっているから、下がる
・下がるから上がる
・吸うとは?弛めてとは?吐いてとは?と工夫検証する必要がある

○師匠の動き
・肋骨が締まると肩胛骨が下がる
・その動きに力みは無く、バランスの変化で起こっている
・肩胛骨の間がスーッと抜けていく
・凭れる動作も下から弓なりに反っている
・脊柱が綺麗に沿っているだけでなく、根が深く広がっている感じで底が無い様な感じ
・凭れる動作の見た目と中の動きが違う
・自分がバランスでなく、蝶番の様に動いてしまっている事が良く分かる

○凭れる動きの見直し
・鉄の短棒を凭れながら中を転がる様に上がって来る経路を感じる
・胸椎10番付近や腹直筋の硬さを感じる
・I川さんに直接凭れて力を抜くと短棒が上がって来る
・呼吸が通り、体内を短棒が転がる感覚が出てくる
・凭れる角度を減らすにはどうすれば良いか工夫しないといけない
・背中と腹のバランス感覚が出ると肚が利いてくる

○合気上げで観察
・IYさんに肩の位置を変えて頂くと骨盤と股関節の隙間と肩の隙間が連動する感覚が出た
・師匠に頭部を持って誘導して頂くとそのラインが自然に連動して力が伝わって行った
・体内操作と呼吸が出来れば意念を使う事で、より楽に、よりシャープに技がかかる

○肩に手を当てられて合気をかける
・対角の繋がりを相手の掌から頸まで弛みを取る
・吸って、弛めて、吐いて
・相手の重みに対応するだけ

#くぼけんです。
 基礎の「き」の部分を丁寧に検証する事が出来た稽古でした。
 一人稽古で、肋骨間の硬さや胸椎の硬さ、腹筋の硬さと腰の繋がりを感じ観察をしていたので、有難い稽古でした。
 稽古終盤に手を出す位置がいつもと違う事を感じて、肩の位置の観察の仕方が悪かった事に気付けました。
 そして、師匠が新たな気付きで凄く楽しさが伝わって来た事とIYさんの吸収力の連動を目の当たりにして、暗中模索を続ける事の大切さを感じました。
 この楽しさを、いつの日か伝える事が出来る様に歩んで行きます。
 師匠をはじめ、ご指導いただける先輩方に感謝致します。

クスリの代わりに動作を処方する
吹田市千里山の動作処方専門店

[PR]
# by k-kubomoto | 2017-11-20 00:46 | 合気観照塾

足が攣るのは糖尿病のせいだけか?

 生徒さんの紹介で初めての方が来られました。

 と言っても、以前に私が勤めていた整形外科の患者さんです。

 肩の痛みと脹脛を攣ってから痛みが取れないとの事でした。
 そして、風邪で声が出なくなってから、
 肩の痛みが著明になってきたと教えて下さいました。

 まずは、鏡で現状認識。

くぼけん:パッと見て気になるのは、
     左の膝の向きが極端に外を向いていますね。

生徒さん:え?

くぼけん:ほら、左の膝の正面は外に向いているでしょう。
     右の膝はわりかし真っ直ぐ前を向いていますね。

生徒さん:わ~。ほんとやわ~。

くぼけん:それに伴って、お尻の出方が左の方が外に出ているでしょう。
     右は出ていませんね。
     自分で触って確かめて下さい。

生徒さん:わ~!ほんとうやね!
     こうやって、左肩に荷物をかけて歩くからかな??

くぼけん:そうですね。
     左のお尻から上げて背負っている感じですね。

生徒さん:右肩をかばうから~。

くぼけん:そうですよね。
     そのまま、右足を棒にして体重を乗せていて、
     脹脛に負担をかけている状態で、
     足が攣ってしまったのかもしれませんね。

 (立っているのが辛そうだったので、ベッドでセンタリング開始)

くぼけん:寝ると解りやすいですね。
     もう一度、お尻の出方が左右で違う事を確かめて下さい。

生徒さん:わ~ほんとやね。
     右はストンてしてるよ。
     ここ(右の大転子下)押したら痛いわ。

    (左股関節のセンタリング開始)

くぼけん:そうですね。右は負荷がかかって緊張しすぎていますからね。
     あまり、ぐりぐりと押さない方が良いですよ笑。

生徒さん:そうなの?
     へ~。左足から調整していくの??

くぼけん:そうですね。

生徒さん:あれ!?右の脹脛の痛み無いよ!?

くぼけん:そうなんです。
     左の足が開く事で、右の脹脛が引っ張られていたんですよ。
     ほら、左足を広げると、脹脛が引っ張られて硬くなるでしょ。

生徒さん:ほんとや、痛いね。

くぼけん:骨盤と股関節の状態が、こうなると脹脛が柔らかくなるんです。

生徒さん:へ~不思議やね~。

            <中略>
        (サイドポジションにて)

生徒さん:足首回しても痛くないわ。
     あ!こうしたら痛いわ!!

くぼけん:そうですね。
     今の回し方だと、痛みが出ている所に負荷がかかりますね。
     今は、脹脛の外側にある、細い骨を軸にして回しているので、
     攣った所に負荷がかかり続けます。
     これを、弁慶の泣き所の骨ありますね。
     こっちの骨を軸にして足首を回してみて下さい。
     そう。親指側の中の方ですね。

生徒さん:痛くないね。
     動きやすいし。

くぼけん:そうなんです。
     痛みが出るのは、痛い動きをしているからなんです。
     ちゃんと動く所で動いたら痛くないんですよ。
     なので、痛みが出た場合は、
     「今、いけない動きをしている」と認識して下さい。
     身体からのお知らせですから。
     
生徒さん:私、糖尿病のせいかと思ってたわ。
     こないだテレビでやってたから。

くぼけん:そうなんですね。
     良い動きをして治るなら、使い方が原因かもしれませんね。

             <中略>
          (鏡の前で最終チェック)

生徒さん:いや~。楽になったわ~。
     紹介者さんにお礼言うとくわ~。
     前から聞いてたんやけど、
     我慢できるし、なかなか決心出来変化ってん。
     決心して良かったわ~。
     月に2回ぐらい来たらよろしい??

くぼけん:いいえ。
     また、決心した時にいらして下さい。
     私は日にちを決めない方針なのでね。
     他の生徒さんにも、
     御自身の判断で来る日を決めて頂いてます。
     それに、決心した時が一番治りますから笑!

生徒さん:それじゃあ、また電話します。
     有難う~。

くぼけん:はい。良くなって直ぐなので、無理しないで下さいね~。
     有難う御座いました。

#くぼけんです。
 今日はこれぐらいしか出来ないな。と思っていましたが、
 思いのほか、喜んで帰って下さいました。
 紹介して下さった生徒さんは、最近、片足立ちが出来る様になってきたと喜んで下さっていました。
 これから先、お二人で情報交換しながら良くなって頂く事も意識しながらレッスンを進めていきます。

クスリの代わりに動作を処方する
吹田市千里山の動作処方専門店
 
 

[PR]
# by k-kubomoto | 2017-11-14 06:32 | 個人レッスンの紹介

子供に鼻のかみ方をどう教えたら良いですか?

 生徒さんから、
 「子供に鼻のかみ方をどう教えたら良いですか?」
 と、質問がありました。

 私の家では、長女には「ふ(ん)ぅー!」と言って教えました。

 次女にも同じ方法で教えましたが、
 「ふ(ん)ぅー!」と声の真似を覚えてしまい困っていました。

 何回同じ教え方をしても、一度インプットされた情報は抜けないので、
 コントみたいに延々続きます笑。

 そこで、長女に「ちょっと、教えったって!」と頼みました。
 そこで長女が即とった行動は・・・、


 「こうやってすんねんで!!」と言い、
 次女に顔を近づけ、次女の頬に鼻息を吹きかけたのです。

 私たち親は、その手が有ったか~!と一本取られていました笑。

 しかも、その直後に次女は鼻をかむ事に成功しました。


 レッスンでも伝える方法を考えている内に本質から外れる事があり、
 現場で思いついた事の方が伝わる事の方が多いと感じています。
 硬い頭を柔らかくしないといけませんね!!

 また、娘に教えられました笑。

c0207558_00245156.jpg

クスリの代わりに動作を処方する
吹田市千里山の動作処方専門店

 

[PR]
# by k-kubomoto | 2017-11-13 00:26 | 家族日記

呑み込みと視線のベクトルの一致

2017/11/11

◎バランス☆運動療法講習会(初級)
○師匠の調整

・妊婦さんの身体が整うと赤ちゃんも楽そう

・気になる所が有っても全体視

・気になる所を変えようとしない

・気になる所が変わる条件を整えていく

・気になる所が変化しやすい状態になる

・片手は頭部、片手で剣の説明をしていると、頭部の弛みが取られていってた

・吸って、弛めて、吐いてと頸の位置

・重さと自由度のある肩を浮かしたまま待ち、「機・度・間」の三連続

・肩の芯はぶれない、相手の反応に反応した結果

・程遠い集中力

・本当にずっと待てるのは固まっていないから

・相手の芯に沿わして弛みをとり待つ

・薄筋が反応するまで待つ

・本当の芯が観えてくるとバランスが変わり始める

・良い所に着地する

・肩を把持された時、骨格が一つ一つ浮き上がり関節の隙間が広がる

・ふんわり柔らかい張りの中で統制されていく感覚はなんとも言えない

○短棒(太極棒)

・真ん中を持ち回す事で力を抜く

・足の裏重心移動

・股関節、仙腸関節で回す

・横隔膜の動きを確認しながら回す

・自由に力を抜く為に回す

・端を持ち重さに任せながら回す

・重心と手の内と重さのバランス

・撥剄を段階的に行う

・肩胛骨が寄る所に上げる

・肩の力を抜くと手首が返る

・更に肩の力を抜くと肘が伸びて行く

・肩肘手首と落ちていく

・片手で上げて下す

・上げてから一瞬手を離すと、短棒ついていける

・雑巾絞り

・六方円で呑み込む意識と視線の一致を感じる

・擂り粉木で体内操作

・すり鉢を挟む

・擂り粉木の頭を止めて股関節で回す

・鎖骨と肩胛骨のバランス


#くぼけんです。
 呑み込みのベクトルが肚と合うと視線が楽に決まった事がとても印象的でした。
 その後に擂り粉木の動作をするととてもお辞儀が楽になりました。
 修験道の先生の調整は今回特にとんでもなく文章化出来ません。
 記憶として残しておく為に、瞬間ぴゅんっ!!と抜けて行ったと書いておきます。
 私も自分の事に集中できるように調整を受けました。
 本当に変わるから凄いです。
 いつも貴重な経験を有難う御座います。

クスリの代わりに動作を処方する
吹田市千里山の動作処方専門店

[PR]
# by k-kubomoto | 2017-11-12 00:33 | バランス☆運動療法講習会(初級)

礼に始まり礼に終わる

2017/11/5

◎センタリング・タッチ研究会

 今回の実践見学、体験で師匠が伝えて下さった。

 対角の繋がりを使った、三角蹴りの様な繋がりで弛みをとり、
 付けて、入れて、待つ。

 実は、私も実践の中で同じ発想で調整を行っていました。

 もちろん、精度は月とすっぽんです笑。

 観る度、受ける度に一手一手の変化に深みが増している様な感覚です。

 本来の芯にもこだわらず
 ずれた芯にも囚われず
 ただただセンタリング

 弛みを取って頸まで繋げたら、相手が勝手に調整しだすに繋がります。

 前日の観照塾前に、
 師匠に意識が前に突っ込み過ぎているとご指摘を受けたので、
 この三日間、
 後に教わる礼法とセンタリング・タッチの心持ちを検証していました。

 礼法は暇を見つけて観察していると、
 指背の意識が握らずとも持てる事を感じさせてくれます。
 肩や肩胛骨の浮き、腹直筋とうなじ筋の伸びのバランスの重要性を
 日々感じています。

 センタリング・タッチの心持ちとして、
 自分はどう生徒さんの状態を観ているのか?と現状認識。
 やはり、突っ込み気味なので止めてみる。
 肚に立ち位置や観る角度を訊く事にする。
 基本的に生徒さんの頸に付ける事にする。
 自分の中心で付ける事にする。
 基本的に生徒さんの裏を盗る事にする。
 自分の裏を意識する事になる。
 裏に意識が徹ると空間認識が明確になる。
 相手の状態が映る感じになる。
 後は、おまかせ状態。
 意識はむしろ邪魔になる。
 なる様になる。
 ただ意識が途切れない様にバランスをとる。
 光背の位置や角度を変える。
 鼠径部の深みや横隔膜の位置が変わる。
 膻中の硬さが無くなった時、大椎の位置が変わる。
 光背と肚が繋がる
 光背がパラボラアンテナの役割をしているのか?
 大椎から肚へと流れを感じ相手と交流している。
 深追いせずにお任せモード。
 O脚の方が楽に歩ける様になったと言ってくれたので良しとする。


 と言った検証結果が出ました。

 『知恵は考える世界ではないのだから、とにかく何も考えないで、しっかりと心の目が冴えている状態にしておくことです。目が冴えて頭が冴えた状態で、一瞬何も考えない状態にあるとき知恵は働きます。ですから、結構難しいです。頭が冴えていて、何も考えない状態。皆さんも日常のなかで経験があると思います。』

 無になるということなのでしょうが、無というと何もないと短絡的に考えがちです。ですから野口晴哉先生は、「天心」というような表現をされたのではないでしょうか。新陰流の道歌にも「自ずから 映らば映る 映るとは 月もおもはず 水もおもはず」と詠まれています。さざ波が立てば、月は綺麗に水に映りませんからね・・・
 
 『知恵のためには次の三つが必要です。
 まず自分に元々ある知識。次に社会から入る情報。それから自分でああだこうだと考えた自分だけの考え。その三つを自分のなかに並べておくと、パッと何かが浮かぶのです。それが知恵なのです。その三つ目の自分だけの考えを得るためには、いつもちょっと、ほんとうかなあと自分で考えるという習慣をつけておくことです。』


 と、2005年の記事が、ピタッ!っとはまった様な気もしています。

 研究会後半に手の調整をして頂きながら、
 親指(肚)、中指中心、小指の決まり、引きと攻めの重要性に体感し、
 壁の花を虱潰しで検証して結果だと知る。
 これが、そのまま手技になったのがセンタリング・タッチ
 
 礼法でも、中指の指背と親指の付け方で、
 全然呼吸の入り方も力の抜け方も徹り方も変わる。
 手首のどこを太腿に付けるのか?
 太腿のどこに付けるのか?
 太腿のどこからどこに擦っていくのか?
 四指と拇指の関係性、労宮、労宮裏の関係性
 肘の抜け感と肩や肩胛骨の浮き
 うなじ筋と腹直筋を伸ばすと骨盤と肋骨の締り
 相手の膝に付けると肚と視線が合う
 上体を起こすと居合腰になる
 礼に始まり礼に終わる

 本当に勉強になりました。
 有難う御座いました。


クスリの代わりに動作を処方する
吹田市千里山の動作処方専門店


[PR]
# by k-kubomoto | 2017-11-09 00:55 | 呼吸法中心塾:センタリング・タッチ研究会

身体も木刀も自然であれば引きと攻めが生じる

◎合気観照塾(稽古メンバー:I川さん、OAさん、K元)

○太極棒以前
・吊るせる状態になるまで丁寧にセンタリング
・呼吸力で太極棒が上がっていく
・力が抜けると動き出す
・M岡さん特製の鉄の棒でも同じように扱う
・センタリングしながら、呼吸力とバランスが取れた脱力で鉄の棒がスーッと動いていく
・どんどん力が抜けていく
・私はどんどん力んでしまった
・呼吸力を使えていない、ただの筋トレになってしまった
・筋肉がパンプアップして中が全然動かなくなってしまった
・師匠やI川さん、OAさんに調整して頂きて、どれだけ固まっていたかが良く分かった
・呼吸力と筋力の違い
・今思うと、全然センタリング出来ていなかった気がする

○纏絲勁(てんしけい)と抽絲勁(ちゅうしけい)
・纏絲勁は大きな螺旋で動くような感じで外から動きが良く観える
・抽絲勁で体内に徹る感覚が出ると自由に身体が動き出す
・体内で擦れ擦れの引きと攻めが行われる感覚

#くぼけんです。
 稽古前に師匠から、木刀の刃を重さに任せて畳に付けていくと、どこで斬れるのか良く分かる事を教えて頂きました。
 そこで印象的だったのが、何もしていない木刀が重さに任せているだけで、引きと攻めでバランス変化が起こっている事でした。
 稽古序盤から方向性の違う身体の使い方をしてしまって、師匠やI川さん、OAさんには大変ご迷惑をお掛け致しましたが、全く体内感覚が無くなった状態から、バランスが整い重さに任せる事が出来る身体になると、引きと攻めが自然に起こる事が良く分かりました。有難う御座いました。
 特製短棒を持参して頂いたM岡さんにも感謝致します。
 
クスリの代わりに動作を処方する
吹田市千里山の動作処方専門店


[PR]
# by k-kubomoto | 2017-11-07 21:41 | 合気観照塾

最高の褒め言葉

 去年5月の完全独立当初から、
 月に1回のペースで来られていた生徒さんが、
 3ヶ月ぶりにいらっしゃいました。

 話を聴いてみると、『来るのを忘れていた。』と仰いました。

 私からすると、最高の褒め言葉です。

 『レッスンを始めた頃は、
  1週間経ったら次の予約を取りたくなっていた。』
 『あ~そろそろやな~。と思ったら、2か月を過ぎた頃でした。』
 との事でした。

 そして、初期のレッスン中に伝えた動作処方を今でも意識して、
 寝る前にも身体を整えてから寝ていると教えて下さいました。

 私の感触としては、2回ぐらい前のレッスンから急に筋肉にしなやかさが出て来ました。
 『昔は何でも出来たんじゃないですか??』
 と思わず訊いてしまうぐらいの筋肉の質が良くて驚いた事を今でも覚えています。
 実際は、スポーツでも自分の思った動きは何でも出来たとの事でした。

 生徒さんに、
 『自分で気を付けて自分で気付く事を繰り返えす事で改善されていく』
 と言う事を身をもって教えて頂きました。

 教えた相手に教えられると言った非常に有難い体験が出来ました。
 心より感謝申し上げます。
 これからも日々工夫を続けますので宜しくお願い致します。

 ☆師匠からのメールを貼り付けます。

 ブログを拝見しました。
本当に嬉しいことですね!
 きっちり結果が現れています。
 なんと言っても信頼関係が大切です。
 調子が悪くなると、やっぱりあそこへ行こうと
思い出してくださることが、本当に有り難いことです。
 私も勉強させていただきました。
 有り難うございました。

#くぼけんです。
 このメールの題名は『お目出度うございます』でした。

 めでたい (語源由来辞典)
 コピー不可でしたので、リンク先へお願いします。

 有難いお言葉有難う御座いました。

クスリの代わりに動作を処方する
吹田市千里山の動作処方専門店
 

[PR]
# by k-kubomoto | 2017-11-03 22:23 | 個人レッスンの紹介